<須坂市文化振興事業団>須坂市文化会館メセナホール所属
クリニック名称

メセナジュニアオーケストラ
事務局(山崎):090-6486-0836
TEL:メセナホール(026)245-1800
指導者紹介

♪ 中村 勝 先生 : 指揮

イラストorスナップ写真 新潟大学芸能科(バイオリン)卒業。
指揮法を故三瓶十郎氏、ヴァイオリンを浜村守哉、三瓶詠子、ヴィオラをブルームス・プラムの各氏に師事。2005年春まで特殊教育に専念し、退官。
長野市の室内楽合奏団のヴィオラ奏者として、また指揮者として活躍。
1982年のensemble NOVA発足時より指揮者を務める。
長野市在住。


♪ 村石 達哉 先生 : バイオリン

イラストorスナップ写真 武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。その後渡欧し、ベルリン国立芸術大学を首席卒業。留学中、室内楽にも研鑽を積み、現代音楽の研究団体「ボリス・ブラッヒャー・アンサンブル」にソロ・ヴァイオリニストとして所属し、その演奏は音楽雑誌により高い評価を受けた。ドイツSFBラジオ第2放送に出演。ドイツ、イタリア、スウェーデンにおいてリサイタルを開く。ベルリン国立芸術大学を卒業後、エルプランド・フィルハーモニー(ドイツ・ザクセン州)の第1コンサートマスターに就任する。フィナーレリグレ国際音楽コンクールにてディプロマを受賞。ヨーロッパを中心にしオーケストラの共演や、オーストリアの音楽祭、フェスティバル・オーケストラの客員指揮を行った。現在、メセナ・ジュニア・オーケストラの指導や、飯田交響楽団の指揮など、県内の文化活動や後進の指導にも力を注ぐ。指揮法をゲオルグ・マルク、ヴァイオリンをルイ・グレーラー、ヨゼフ・スーク、マリアンヌ・ベチャーの各氏に師事。


♪ 宮澤 等 先生 : チェロ

イラストorスナップ写真 国立音楽大学卒業。1992年オランダ・オルランドフェスティバルマスターコース合格。G.クルタークに師事。1994年、レンク国際音楽祭(スイス)において、ファイナル・コンサート出演など室内楽奏者として活躍。また、リサイタル活動も2002年王子ホール(銀座)を始め、数多く行っている。2002年より、ルーマニア国立ブラショフフィルからの招聘で演奏している。2003年には、同国、国立クライヨーバ芸術大学にてマスターコースを開催する。
2007年1月、ニューヨーク、カーネギーホールで行われたコンサートは、音楽書評誌ニューヨーク・レヴューにて”excellent playing”と最高の評価をされる。
現在、国立音楽大学委託演奏員、及び同大学付属音楽高等学校講師。
inserted by FC2 system